読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴロチマニア 

日比日向多が勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

稲垣吾郎ドラマ アザーセンスⅡ 霊感心理カウンセラー 六条伍銅④

 その日の夜、梨花は伍銅の自宅を訪ねた。付き合っていた頃は何度か訪れていたが、今日はなんだか緊張した。一度深呼吸をしてから呼び鈴を押した。訪問が分かっていたので、伍銅が対応し中に招き入れた。

「お邪魔します。とても久しぶりだけど・・・」

 梨花はわずかに頬を紅潮させて言った。

「ごめん、わざわざ。あんまり来たくなかったろうけど、人に聞かれない場所ってなると家が一番だからね」

「ええ、そうね。今日は協力してくれてありがとう」

 伍銅は梨花をカウンセリングルームへ案内した。

「で、子供の事を相談しに来た時の石山真紀の様子は?」

 伍銅は早速梨花に聞いた。

「ああ、えっとこれだわ」

 梨花はカバンから書類を出して見せながら説明を始めた。

「息子がいじめで不登校になった事を相談に来てるわ。対応した医師は、子供の様子を聞いて、ただ本人を見てみないと何とも言えないとして、アスペルガー発達障害の可能性もあるかも知れないと、児童相談所で判定相談を受ける提案をしたみたい」

「いじめの原因は、何か言っているのかい?」

「本人がはっきり言わないからとして、でも母子家庭であまり裕福ではなかったので、いつも同じ服を着てるとか、そのあたりでばい菌扱いって言うの?プリントとか汚そうに指先で端っこつまんで渡されたり、触れたら伝染るとか言われたりしたみたい」

「ああ。学校の対応は?」

「担任は何もないとしてたみたい。本人も言いたがらなかったみたいだし。母親も後で他の生徒から聞いて知ったこともあったみたいで。相談に来た時は、どうしたら学校に行けるようになるか?無理に行かさない方が良いのか?聞いてたみたい」

「いじめの主犯格はその時話題にしてた?」

「分かってるのは3人。名前はその時言ってはいないけど、まあ刺された父親の子供は3番手の子供ね。一番核になる子に言われて、物を隠したり、靴を捨てたり、やんややんやとはやし立てるみたいな」

 伍銅は少し目を閉じて真紀の深層心理に思いを馳せていた。

 

稲垣吾郎ドラマ アザーセンスⅡ 霊感心理カウンセラー 六条伍銅③

 立ち上がった真紀を見て、伍銅はせっかく掴みかけた心の箱が遠のいてしまう感覚に襲われた。

「これ以上仕事を休むと、せっかく嘱託になれたのに、クビになります。仕事も子供も失ったらどうやって生きていけばいいか・・・。もう部屋に戻っても良いですか?」

「・・・、そうね。六条先生、どうしましょう?」

 梨花が伍銅の方を見て困ったように聞いた。伍銅は左人差し指を額に当てて、真紀の心の箱を意識下で探ろうとした。

「駄目なんですか?」

 待ちきれないように真紀が少し語気を荒げて聞いてきた。

 伍銅は思った。真紀は何を隠しているのだろうか。何か嘘を言っているのか?

「石山さん。何か嘘をついてませんか?」

「えっ、嘘?なぜです。どんな?」

 伍銅は小さな動揺を感じた。

「大した事ではありません。ほんのささいな嘘なのかもしれません」

 その瞬間、真紀の心の扉が開かれた。フラッシュメモリーのように真紀が押し込めて、箱にしまっていたものが一気に吹き出て、伍銅の意識を取り巻いた。伍銅は事のあらましを知った。

「嘘なんて、みんなつくじゃないですか・・・。もう良いですか?」

「ええ。真紀さん、お疲れ様です」

 僕の言葉を聞いて、梨花は何かを悟ったようだった。

「石山さん、気を悪くしないでね。お仕事もありますものね。今日はお疲れさまでした」

 梨花が真紀を部屋まで送った後、面談室に戻ってきた。周囲を気にしながら、椅子に座っている僕に梨花が話しかけた。

「伍銅さん、何か分かった?」

「ああ。多分、ただ罪ではない。彼女の心の問題だ。ここで話して大丈夫?」

「そうね、場所を変えましょうか?」

「今日の夜、僕の家に来てくれないか?」

「・・ええ。分かったわ」

 梨花は少し躊躇ったが、了承した。

「来る時に、以前石山真紀が子供の事で相談した時の記録とか、調べて持って来て欲しいんだ」

「分かったわ」

「僕は、帰ってもう少し整理してみるよ」

 伍銅は病院を後にした。真紀のささいな嘘から、大きな出来事が起きた。伍銅は梨花が来るまでの間、伍銅が知った真紀の行動を彼女の深層心理と照らし合わせる作業を行うとした。

イマゴロスマップ⑨

 どなたか存じませんが、読者の方ありがとうございます。読者の方がいらっしゃる、ただそれだけで頑張れる思いです。だからこそ、応援したいです。吾郎ちゃんを。

 昔の動画見ながら、スマップ結成当時、体が小さくて『スマップには小学生が2人いる』と言われていた吾郎ちゃん。単純に顔がかわいいです。デビュー後、一人スマップの中でドラマなどに出ていた吾良ちゃん。美少年です。スマップ人気に火がついた頃、ミステリアスな吾良ちゃん。安定期に入った頃、ちょっと変態キャラや天然キャラがちらほら、新たな魅力の吾郎ちゃん。そして今、ゴロウデラックスの吾良ちゃんは、素敵な紳士です。私思いました。どの時代でも吾郎ちゃんが好きだと。いつの時代でも『スマップで誰が好き?』と聞かれたら、吾郎ちゃんと答えると。そして、今現在の吾郎ちゃんが大好きです。まだまだ吾郎ちゃんを見ていたいです。

稲垣吾郎ドラマ アザーセンスⅡ 霊感心理カウンセラー 六条伍銅②

 病棟の面談室で僕は石山真紀と初めて会った。真紀は看護師に連れられて部屋に入ってきた。薄幸な美人と言った感じだった。すっぴんで少し疲れを感じさせた。しかしその目の奥は、何か沸々とした印象を僕に与えた。

 初めに梨花が口を開いた。

「こちら六条先生。心理カウンセラーで、私の大学の先輩なの。今日は石山さんとお話して頂こうと思って」

 石山真紀はチラッと伍銅を見ると軽く会釈をした。

「今日は、ちょっとお話させて下さい」

 柔らかな物腰で伍銅が言った。

「はい・・・」

「石山さんは、自宅で倒れていたらしいけど、何かあったんですか?」

「いいえ。多分貧血か何かで、あまり食べていなかったし、よく覚えていません。気づいた時は病院でした」

 拒否することもなく真紀は質問に答えた。

「今は、一人暮らし?」

「ええ」

「息子さんを亡くされてるとか?」

 まきは一瞬唇を噛んだ。

「ええ。自殺しました。その辺は聞いているんですよね?いじめで。学校は何もないような説明で。不登校になって小学校は卒業して。中学に行ったけど入学式以外は学校に行かず1月後に首をつりました」

 面談室で小さな机に伍銅と真紀は向かい合って座っており、伍銅の右斜め後ろにタブレットを持った梨花が座っていた。真紀は梨花の方を見ながら答えた。まるで、質問の答えを聞きたいのは梨花だと知っているわよ、とでも言いた気な様子だった。

「学校の対応に不満でも?」

「もちろん、小学校にです。でもすでに卒業していたので、関係ないという対応でした。私にとっては辛い思い出です。あまりお話ししたくはありません」

 真紀が心のシャッターを下ろしかけたように伍銅は感じた。

「いじめた子のお父さんが死んだのは知ってますか?」 

 シャッターを下ろさせまいと伍銅が言った。

「はい。私が殺したとでも?」

「まさか・・・。ただ、罰が当たったと思いませんでしたか?」

「・・・・。罰?そうですね。だとしたらいじめた子供の方に何かあるべきかと思いますが」

 伍銅は、まだ真紀の心の箱が見えていなかった。今シャッターを下ろされると、真実から離れてしまうと懸念した。確かに、殺されたのはいじめた張本人ではなくその父親で、殺したのは母親だった。真紀がそうさせたと考えるには無理があった。

「石山さんは、趣味って何?」

 黙って聞いていた梨花が口を開いた。

「趣味、ですか・・・、無いです。貧乏だし」

 真紀は離婚後母子家庭で息子を育てて来た。仕事は市の保育園の給食でパートから始めて、2年前嘱託扱いになった。生活はぎりぎりだった。

「趣味って、そうそうないわよね。私も無趣味なんだけど、最近競馬をやったの。ちょっと友人に誘われて、ほら大物歌手が馬主の馬いるでしょ。ギャンブルって依存症になる人多いけど、あの殺されたお父さんもパチンコ依存症だったみたいで」

 梨花の話で、急に真紀の心の箱が伍銅の意識下に広がった。

「パチンコ?石山さんパチンコは?」

 伍銅が真紀に聞いた。

 真紀に一瞬迷いの表情を感じた。少し間が開いて真紀は答えた。

「やったことはあります。でも、負けたら物凄く後悔して」

 伍銅は真紀の心の箱を見つけた。鍵となるワードは『パチンコ』、多分もう一つあるはずだ。何とか見つけ出したいと思った時、真紀が立ち上がった。

「先生。もう私食事もできますし、どこも悪くないと初めに担当していただいた麻酔科の山田先生に言われてます。なぜ今カウンセリングを受けるのか理解できません。今日、事務の人から入院費の事で聞かれました。払えるかって。これ以上入院費がかかるのも困りますので、もう退院させて下さい」

 真紀は一気に心のシャッターを下ろしてしまった。

イマゴロスマップ⑧

 こんにちは。GWでしたが、夫の休みが2・3・4日、息子の部活の休みが5・6・7日、で私の休みが3・4・5・6・7日でした。夫と息子はかぶらないので、私が息子を連れて5日の子供の日にちょっとお出かけしました。息子も中2なのですが、マザコンなのでまだ一緒に出掛けます。手軽なあたりで、母一人の運転で行ける場所をと言うことで足寄町の博物館へ行きました。ここは何度も訪れているのですが、息子の大好きな場所の一つです。発掘体験で、化石かクリスタルが入っている手に平サイズに固めてある、土を固めたような物を道具で削って、中に埋まってあるものを出すというものです。今回は虎目石、直角貝、アンモナイト、アポフィライトを掘り出しました。きれいに洗って、ビニール袋に入れて持って帰れます。足寄町には高橋菓子店と言うパン屋さんがあって、ここの食パンは美味しいので有名です。休日は並ばないと買えません。丁度店の前を通った時、焼き上がりの少し前だったので並んで2本買うことが出来ました。並んだ時間は45分間。一人1本しか買えないので、息子と二人で2本ゲットです。

 足寄に道の駅でソフトクリームを食べ、ちょっと歩いて、足寄神社を参拝。その後は、帯広市へ行こうか悩んだけど、結局は陸別の道に駅に行きました。廃線になったふるさと銀河線の駅の跡地で、実際昔の列車の乗車体験や、運転体験ができます。自転車式のトロッコ体験もあって、二人でトロッコと乗車体験してきました。

 北見市の街の中に、鳩や模型店と言うマニアっぽいお店があって、店内びっしりと、プラモデルやジオラマの小道具、プラレールやフィギャーがぎっしり詰まっており、体を横にし無いと通れない状態のお店です。息子がプラモデルを2個購入していました。この流れ、絶対吾郎ちゃん好きだと思う。う~ん、案内したい!

稲垣吾郎ドラマ アザーセンスⅡ 霊感心理カウンセラー 六条伍銅①

           ささいな嘘

 

 初めての事件からほどなくして、六条伍銅は学生時代の後輩で、現在精神科医の國立梨花(くにたち りか)と会っていた。梨花が担当している女性患者のカウンセリングの依頼だった。梨花は同じ大学の一年後輩で、当時伍銅とは恋人同士だった。ところが梨花は大学3年になる時突然伍銅に別れを告げ、医大へ編入したのだった。その後は、時折連絡を取ったり昔のサークル仲間で集まる時に会うことはあったが、二人きりで会うのは別れてからは初めてだった。

 待ち合わせ場所は、梨花の勤める総合病院の医局内応接室だった。5・6年ぶりだろうか。久しぶりに会う梨花は少し髪が伸びて、後ろに結んでいた。薄化粧で耳に小さなアメジストのピアスを付けていて、その装飾の少なさが余計に梨花の美しさを際立てていた。

「ごめんなさいね、こんなところに呼び出して」

 梨花は伍銅に会うと小声で言った。

「君にならいつでも、どこにでも行くよ」

「相変わらずね、さすがは六条伍銅だわ。実は、この前の事件解決の話を聞いて、どうしても伍銅さんに助けてほしくて。それに、個人情報の事もあるのであまり院外では話も出来なくてこんな場所で、でも来てくれてうれしいわ」

「なるほど。で、電話では女性の患者だとか、何か事件と関係しているの?」

 精神鑑定が関係している事件の依頼かと思って伍銅は尋ねた。

「事件…、じゃないかもしれない。でも気になるの。患者の名前は石山真紀。41歳で離婚歴あり。一人息子は去年中学入学してすぐに自殺してるわ。息子は小学6年生の途中から不登校になり、一度母親である彼女が相談に来てるわ。その時の担当医師は私じゃなく、この春転勤になってるんだけど。彼女がここに来たのは、1か月前。職場で無断欠勤が2日続いたので、職場の人がアパートを訪ねたら彼女が倒れていたの。ここの病院に運ばれて、ケアで結局意識も戻って、検査をしてもこれと言った原因疾患が見つからず、極度の緊張による神経性のものじゃあないかとなって、精神科に転科になったの。一般的にはヒステリーと診断になるのかもしれないけど」

「気になる事って?」

「何か隠してるような、違和感って言うか。眠れないとか食欲がないことも、なくはないんだけどね。ヒステリーとは思えないし、鬱でもないと思う。解離性障害でもなくて、だからもう体力は戻ったので、退院しても良いんだけどね。でも、とにかくとても悲しそうだったり、かと思えば不敵な笑みをしている時もあって。だけどもう病院的には退院して欲しいの。で、そこを迫られてはいるの。でも、このまま帰してしまったら、私が後悔しそうなの。で、伍銅さんにお願いしたってわけ。彼女に何があるのか、何もなければそれでいいし。ただ、退院まであと2週間がタイムリミットだわ」

 梨花にしては、整然としない理屈ではない感情での説明だった。そのことが返って伍銅の興味を引いた。

「だけど、一人息子が自殺したら、母親だったらそりゃあちょっとはおかしくなるだろう?梨花がこだわるほどの何があるのだろう?」

「もちろんそうよ。でも息子さんが亡くなってから1年経って、なぜ今?と言うのもあったんだけど。実は最近分かったのだけど、息子さんが不登校になった原因はいじめなんだけど。小学校の時のいじめの主犯格の一人の子の父親が妻に刺されて死んでいたの。それが彼女が病院に運び込まれた3日前の事件だったのよ」

「じゃあ、彼女にその、疑いか何か?」

「いいえ、刺したのは妻だし、原因は夫婦げんかで石山真紀の事は一切触れられてないわ。関係性は警察もないと言ってる。でも気になるの」

 梨花の真剣な顔に伍銅もうなずいた。

「分かったよ。時間もないことだし早速会ってみよう」

 一体、どんな人なんだ。梨花をここまで悩ませる石川真紀という女性は!梨花電子カルテで伍銅に石山真紀のこれまでの経過を説明した。

「入院経過はこんな感じ。この後夕方5時頃面接可能だわ。伍銅さんお願いできる?」

「もちろんさ。それまで30分あるから・・・、コーヒーでも一緒にどう?」

「ありがとう。私におごらせて。病院の1階にカフェがあるから」

 

 最近の大きな病院にはカフェがあるのが一般的になっている。二人でコーヒーを飲んでいると通りがかった40代くらいの患者さんらしき女性が声をかけて来た。精神科の患者さんは歩行が前のめりで、視線が一点を見ていることが多く、関わることが多いとすぐに気づく。伍銅も精神科の患者さんは大抵の場合分かる。

「先生、彼氏できたの?」

「違うわ。この方は大学の先輩で心理カウンセラーの方」

「そうなんだ。先生美人なのにもったいない。それじゃあ」

 そう言い残し去って行く女性を見ながら、ちょっと試すように伍銅が梨花に聞いた。

「彼氏、今は?」

 僕の質問に梨花は一瞬真顔でじっと目を見つめた。その目に僕はドキッとした。

「い・な・い 仕事ばっかり。つまんない女でしょ」

「つまらなくなんてないさ。僕の事振っておいて、それはないだろう?」

「振った?うん、まあそうね。でも・・・、あっともう時間だわ。行きましょう」

 何かを言いかけた梨花。伍銅はなぜ梨花が自分の前からいなくなったのかが理解できなかった。理由ははっきり言わずにいなくなった梨花。別れて15年も経つのに、伍銅の心はまだ気になっていたのだ。梨花の心の箱を開ける勇気もなかった。もちろん、祖母からそんな色恋沙汰に能力を使うなんて、もってのほかだと叱られるだろう。

 とりあえずは、石山真紀に会ってみよう。

イマゴロスマップ⑦

 今日は天気が良かったので、外で焼き肉をしました。何度か家と外を出入りしているうちに、ハエが一匹入り込んでしまったようで、まさしく今私の頭の周りをぐるぐる飛び回って、いらついております。イラつくと言えば、吾郎ちゃん。ちっとも姿が見えないです。昔のスマスマなんかの動画を毎日再生して見てます。悲しすぎる。キムタクもいつにない物凄い露出に驚いてます。映画の宣伝なんでしょうけど。来年の映画も決定したそうで、キムタクファンは一安心ですね。中居君もテレビ朝日中心に生放送のゴールデン進出番組のため出てますね~。アメトークに出てたのには驚いた。今更ながら、グループとしての力を痛感してます。一人になったら、一人がそれぞれ5人分頑張らないと、これまでの様な評価にならないと言う事。前なら誰かがテレビに出てたら、ああスマップが出てるとなって、他のメンバーが無意識に関連付けられたけど、今は・・。

 今回のスマップ解散で、改めて気づかされた。スマップの何が凄いって、それはずっとテレビに出ていた継続の奇跡だと言う事。この前スマスマにチャングンソクが出演した時の動画を見てたんだけど、チャングンソクってスマップメンバーよりずっと若くて後から出て来たのに、今見たらもう古い感じがしたの。テレビの世界って2・3年で古さを感じてしまうのに、そうさせなかった彼らがどれ程凄いかってこと。そりゃあ、今でも若々しくカリスマ的な小泉今日子さんだって、ずっと何十年もメディア露出の継続があった訳じゃあないことを見ても、スマップがいかに25年も当たり前のように見る事が出来ていたことが奇跡なんだと思う。そして、どんな秀逸な物事でも必ず終わりが来るって事。スマップが終わる事なんてないと思ってたのは、幻想だったんだね。誰も望んではいなかったけど、終わっちゃんだ・・・。でも私はこれからも吾郎ちゃんを応援します。