ゴロチマニア 

日比日向多が勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

イマゴロスマップ㊴

 武則天。中国、唐の時代に女帝となった、中国史上唯一の女帝。今、中国一の美人と言われるファン・ビンビン主演でドラマ化されてました。先日まで12TVで放送されてました。

 個人的に中国の歴史ものは、三国志の頃が好きでしたが、漫画キングダムの影響で春秋時代も好きになりました。今回武則天のドラマで、いつの時代も争いは絶えないと痛感しました。そして、権力をめぐる骨肉の争いも・・・。裏切り、収賄、親兄弟の惨殺、まったく当たり前のこと。チャンスをつかむのに、何の躊躇がいるものか。だましだまされ、常に有利な者の袖に付く。

 負ければ奴隷となる。多くの民族間で、常に侵略が繰り返され、幾つもの国が出来ては滅びて行った。その歴史が中国人の気質にあると以前聞いたことがあった。だから、常に中国人は前に前にと、自分が自分がと出てくる。謙虚さを美徳とする日本人とは違う。誤りを認めると負けになるので、グレーを白と言うのは当たり前で、黒を白だと平気で言う。嘘も百回言うと誠になる・・・、そんな考え方が根底にある。

 武則天も、若かりし頃は正義感にあふれ、弱き者に優しい女性だった。いつの頃からか、権力と国の安寧のはざまの中で、狂気を身にまとっていく。自分に従うのが当然だと・・・。権力を手に入れた者は、常に自己内省しけん制する必要がある。知らず知らずに傲慢になってしまうからだ。

 もう90歳にもなる、ある女帝を知っている。自分の思い通りにならないと、キーキーわめき立てる。なんでも思い通りになると思っているし、実際そうしてきたのだろう。ただ、秦の始皇帝も求めたが、不老不死の薬は手に入らなかった。登り切ったら、降りるしかない・・・。その時、せめて過ちに気づいてくれたらと、そう思う。

イマゴロスマップ㊳

 不可触民、アウトカーストアンタッチャブルなどとも言われます。触れてはいけない、見てもいけない人。なぜなら穢れてしまうから。インドにはカースト制度、身分制度の底辺からも外れた身分があります。それが不可触民。物凄い差別に遭っている人たちです。現在は改善傾向にあるようですが、まだまだ根強い偏見はあるようです。

 人は平等だと言いながら、どこかで身分の区分けを望む一面がある気がします。例えば今現在不可触民の扱いだとすれば、その区分けを一度清算した後で、新たな身分を得たい気持ちが産まれると・・・。自分は特権階級でありたい、あれば自分の階級に満足するし、特権階級で無い場合、上昇志向が産まれたり、逆に自分より下の身分の者がいる事で安心したり・・・、とかく人は誰かと比べたいし、自分が特別でありたいと願う生き物だ。

 スマップは、スマップと言う一つの特権階級だった。今その階級が廃された。もう特別ではない一般庶民だ。ここからまた新たな特権階級が産まれるのか・・・。

イマゴロスマップ㊲

 吾郎ちゃん、剛君、慎吾君の3人が事務所から離れましたね。勝手ながら3人を頭文字でGTS・・・。どうですかね?

 ゴロウデラックスで、ここ1年の不安を口にしてましたね。ああ、吾郎ちゃんもこれまであの騒動の中、自分なりに考えて選択してきたのだと思うけれど、常にこれで良かったのか?いや、自分で決めたのだからと、言い聞かせたり、苦悩の連続だった気がしました。

 タキツバが無期限の活動休止になりました。タッキーが嫌いではないけど、どちらかと言えば翼派です。でも、二人の不仲や翼の悪態ばかりが記事になってましたね。それでも解散ではなく休止です。ここ最近のジャニーズで明らかな解散って、ほぼ無いんですよね。スマップ以降、解散って確かないですよね?休止はあっても・・・。つまり、スマップの解散って、かなりの事だった・・・ですよ。

 始まりがあれば終わりもある。全てが自分の思い通りにはならない。ただ、勝手に吾郎ちゃんはひょうひょうとして、自分なりに足場を固めて、人生楽しく生きてるかなって思ってたのが、とてつもない苦悩の中にいたんだな~と思ったのです。

 一昔前のグループは、解散した後、1人2人しかその後、芸能界で活躍できないのが常でした。嫌、一昔前どころか、モー娘。やAKBの主要メンバーや1番人気メンバーだって、今現在は・・・・。 

 もし、スマップメンバーが、この先も全員芸能界で活躍し続けたら、どれ程凄いグループだったか証明できるという事です。ここまでは仮説。後の証明は、もう少し時間が必要でしょうか。

イマゴロスマップ㊱

 メンバーはみんなスマップと言う母体グループを大切にしていた。スマップあっての自分たちなんだと自覚していた。すでに28年一緒にやっている。メンバー間の関係は、熱くも冷たくも無いのかもしれない。ビジネスライクであったり、友情もあったり、嫉妬もあったりと感情は様々だろう。でも、スマップを無くそうなんて、誰も願ってはいなかったはずだ。では、なぜ?

 キムタクが戦犯だ。そんな報道も多かった。見方によればそうかもしれない。責められる部分も多々あるかも知れない。だが彼の人気がスマップを押し上げたのも事実だ。

 中居君が『誰も悪くないんです』そうラジオで語った。そう、誰も悪くない、そして誰もが悪かった・・・。

 メンバー間の仲の悪さは、決して決定打ではないはずだ。仲が悪かろうが、スマップのメンバーでいる時は、全員プロのエンターティナーなのだから。では・・・・

 事務所のごたごたに巻き込まれたメンバー。いわゆる大人の事情だ。大人の事情、最近色々なところで言われる言葉、大人の事情。

 子供の頃、大人は偉大だった。正しく、分別があって、子供たちの誤りを正せるそんな人物が大人だった。立派な大人になるのが、子供の最終目的だった・・のはずだ。だが、今の大人の事情には何の分別も正当性もない、ただの私利私欲と自己保身、もっと簡単に言えば、エゴ・わがままだ。そう感じるのは、私だけだろうか?

 大人の事情が、分別のある正しい判断であって欲しいと願う・・・。

イマゴロスマップ㉟

 王子様・・・。この前、TOKIOの番組でそもそも論で、ジャニーズって王子様なんじゃあないの?って話がちょっと上がってました。今のジャニーズだとセクシーゾーンの中島健人ヘイセイジャンプの山田君、ちょっと前ならタッキー、キンキキッズ堂本光一、かなり前なら郷ひろみあたりですかね・・・。不思議とキムタクや松潤だと、王子様って言うより王様キャラなんだよね~。

 で、吾郎ちゃん。スマップの中では王子様キャラは吾郎ちゃんのものなんだけど・・何だろうな~、先に挙げた王子様キャラのジャニーズとは何かが違うんだよね。みんなは、女の子が『こんな王子様だいたら…』って、ちょっと想像の世界の王子様で、女の子の想像に寄せに行ってる感じがするの。決して批判ではなく、プロ意識な感じで。

 でもって、王様キャラの二人はオラオラ感が出てる感じ、これはプロ意識ではなく自己意識の世界。

 じゃあ、吾郎ちゃんの王子様感って・・・、女の子に寄せにいってる王子様じゃなくって、ただただ王子様的なんだわ。あの品の良さと、天然さ、変態っぽいのは浮世離れしているところから来る感じと、ずれてる風だけど、常識的なところとかが、まさしくどこかの王子様、あえて言うなら皇太子っぽいと、私は思っています。

 9月9日、北朝鮮の動きが気になります。建国記念日だとかで、何か仕掛けてくるのでは?と、戦々恐々です。できればこの日が、ああスマップのデビューの日だったね、3人が新しいスタートを切る日だねと、スマップの話題をするだけで終われることを、心底祈っています。

 

私が見たスマップ史①

 1988年。私が大学に入学した年です。雑誌にあるグループが紹介されてました。

『ジャニーズから新しいグループが誕生!スマップ、最年少は小学5年生』そんな感じだったと思います。当時、何となく幼い感じの香取慎吾の顔をぼんやり覚えています。(そうか~、小5か~)と思った記憶があります。

 のちに中居君が、『俺と木村は高校生なのに慎吾なんてランドセル背負って来るんだよ。こいつと同じグループかって思った』と言っていたけど、確かに高校生と小学生だとギャップあったかもね。

 私はジャニーズファンではなかったので、1991年のデビューまで、このスマップがどういう活動をしていたか、全く覚えていません。ただ、ぼんやりした記憶の中で、たのきんトリオ、シブがき隊、少年隊、少年忍者、男闘呼組あたりがデビューし、あとソロデビューが中村繁之ひかる一平あたりが光GENJI前のデビューしてた人たちかな~、って言うのがあります。なので、確かに光GENJIは大フィーバーだったけど、一部売り切れなかった人やグループもあったイメージなので、よくジャニーズがデビュー曲で1番取れなかったのは、スマップだけだと言われてる事に私個人は?です。

 確かにスマップ以降、正確にはV6あたりから、バレーボールとタイアップしていたりして、デビュー前のジュニア時代からファンに認知されて、満を持してのデビュー方式になってから、ジャニーズデビュー組は必ず1位を取れるイメージになった気がします。

 1991年9月デビューしたこのグループが、のちにアイドルの路線を変え、日本史に残るグループになるとは、この時は誰も知らなかったと言う事です。

再放送 肝っ玉かあさん

 土曜日BS12で肝っ玉母さんが放送されています。46年くらい前のドラマですが、義理人情が見ていて楽しめます。古いけど新しいような・・・。主演の京塚昌子さんは、息子役の山口崇さんと、実年齢は4歳しか違わなかったとか、よく見ると肌が若々しいです。老け役ですね。

 私は山岡久乃さんのとぼけた奥様役が好きです。今見ると、あの山岡さんのような人は、最近で言われている大人の発達障害の人だと思います。空気が読めず、言葉の裏を察することが出来ず、人の話を額面通りに受け取る、この前流行った言葉で言うと、忖度が出来ない人。悪気は全くないが、思ったことを考え無しに口にする。周囲とちょっとずれている人。

 私の職場にもいます。正直、顔も見たくないほどです。彼女の場合は、山岡さんの奥様役の様な、無邪気でお茶目な様子は全くなく、本当に自分勝手です。何より挨拶をしません。「お先に失礼します」が言いたくないので、す~っと消えるように帰ります。自分が後から入って来た事がどういう態度であるべきかの認識ができないので、自分の権利を優先します。休みなど・・・、もちろん以前からいる職員に遠慮もしません。遠慮する意味が分からないのです。そばにいる、視界に入るだけで気分が滅入ります。

 山岡さんの夫役の白木実さんの台詞が何となく納得できます。ちょっと言い回しは違うかもしれませんが、『人は打てば響くものがあるから何とかしようと思うのに、お前みたいに打っても響かないのは、誰も相手にしないぞ』・・・ああ、どうすべきか。