読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴロチマニア 

日比日向多が勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

稲垣吾郎ドラマ  アザーセンス 霊感心理カウンセラー 六条伍銅③

 久しぶりに沢村から電話があった。年に数回は飲みに行ったり、ゴルフをする仲ではあるが、ここ3か月ほどお互い忙しくて、連絡を取っていなかった。彼は大手弁護士事務所に所属しており、仕事は大手企業の顧問弁護や財産管理などを手掛けることが多いのだが、今回国選弁護人として引き受けた案件で、僕に被告人の心理面について聞きたい事があるようだった。

「久しぶり。達也から仕事で相談って珍しいね」

 僕の言葉に沢村はちょっとため息をついてから、話し始めた。

「ああ。ニュースでも聞いてると思うけど、26歳の女が4歳の娘を殺したって言う事件なんだけど。まあそれだけなら今のご時世珍しくないけど、一緒に住んでたパートナーが17歳の高校生だった、あれなんだよ」

「そうか、確か母親が一人でやったって言う。その母親の心理面のサポートか何か?」

「まあ、それもだけど。彼女が全く弁解も何もせず、自分でやったと、男は関係なく自分がやった、それだけしか言わないんだ。彼女が娘を虐待してた様子は無いんだが・・・、何か引っかかるんだよ。ピンと来ないと言うか・・・」

「男からDVを受けていたとか?」

「今のところそんな事実は確認出来てない」

「ふ~ん」

 僕は沢村の話を聞いて、少し興味がわいた。通常こうした事件の場合、母親がパートナーの男と一緒に子供を虐待したり、母親が男からDVを受けていて、男の支配下にあったりするのだが、沢村の言葉からは明らかな暴力的な要素が感じられなかった。

「まずは、会って話を聞くよ」

「そうしてくれるとありがたいよ。伍銅ちゃん!」

 沢村の上ずった声を聞き電話を切った僕は、その事件のことを検索してみた。

 

 シングルマザーの26歳の女が娘を4階から突き落として殺害。愛人は17歳の男子高校生。二人は半年ほど前から半同棲の状況であった。男子高校生や母親が娘を虐待していた事実は現在掴めていないが、若い男に溺れた母親が、邪魔な娘を発作的に殺害したものと警察は考えている。

 関連記事で、大人になり切れない大人。いつまでも女であろうとする母親。簡単にシングルマザーの道を選び、簡単に育児放棄する。と言った記事が載っていた。

 その日の夜沢村が僕の家を訪ねてきた。

稲垣吾郎ドラマ  アザーセンス 霊感心理カウンセラー 六条伍銅② 

 他の人に見えない「何か」が見える以外に、人の心が読める事に気づいたのは、小学校2年生の頃だった。それまでにも何となく、人の感じている事が分かる感じはあったのだが、自宅で家族と夕食を摂っている時、デザートに出てきたチーズケーキを食べた僕は、「レモンじゃなくって酢を入れたんだ」そう言うと、母が驚いて言った。

「あら、バレちゃった?」

 僕は不思議そうに言った。

「だって、お母さんが『レモン忘れちゃったから酢入れたけど、大丈夫かな』って、言ったから」

「いつ?あら、言ってないわよ。多分」

「さっき、ケーキ出してくれた時だよ」

 僕に言葉にみんな不思議がったが、祖母は小さく頷いた。そして母に向かって祖母が言った。

「由希子さん、目覚めたようですよ。でもまだ能力を使うには早すぎるわね」

 そう、僕は人の心が読めるのだ。ふいに心の声を読める場合もあれば、出来事を映像のように感じる事も出来る。その時の体調や対象者との波長によって変化はあるのだが、能力のコントロールは難しく、子供だった僕が祖母の言う人の『心の箱』を不用意に開けるのは危険だと危惧した祖母により、その能力は一時封印されたのだった。

 その日の夜、祖母は僕を自分の部屋に呼んだ。部屋の中はお香の匂いがした。祖母は古風な面立ちとは違い、意外と洋風かぶれで特に中世のヨーロッパの物がお気に入りだった。祖母の部屋はモダンな洋式の部屋で、バロック調の家具や小物が所狭しと配置されていた。重厚なベロアのカーテンや、猫足のテーブルの上には陶器のティーポット。足が沈み込みそうな絨毯。そんな部屋の片隅に畳三畳ほどの薄い紫色のシルクのカーテンに囲まれた空間があり、その中に僕は入れられた。そこはまるで異空間で、異世界への前室のような印象を僕に与えた。幼い頃からその空間には近寄ってはいけない畏れを感じていた。

「そこにお座りなさい」

 用意されていた座布団の上に僕は座った。無地の濃い紫色の薄っぺらな座布団。贅沢な部屋と相対する座布団は、日本の茶室のような質素さを感じさせた。恐る恐る正座をした僕に祖母は自分の左手を僕の額に当て、その手を滑らせるように目まで下げ僕の目を閉じさせた。

「心の箱を開けるには、鍵が必要です。その鍵は、心の奥底にしまってある。鍵は言葉、その人に心を揺さぶる言葉・・・」

 僕が目を開けたのは祖母の部屋ではなく、自分の部屋であった。どうやら眠ってしまったのだ。いや、眠らされたのかもしれない。それから、僕は人の心の言葉を聞くことはなくなった。祖父の死が近づくまで。

 

 良家の子息・子女が通う桃李学園に幼稚舎から席を置く僕は、受験とは無縁のままエレベーター式に大学まで進学した。エレベーター式と言っても、ある程度のレベルに達していないと大学には進学出来ないし、マナーに厳しい校風であったため、遊びほうけていた訳ではない。大学では心理学を専攻し、卒後はフリーの心理カウンセラーを生業にした。カウンセリングをする時に心の箱を開けるかって?そんな無粋な事はしませんよ。人の心は、そんなに簡単に覗くものではないからだ。その僕が、ある事件に関わった時、心の箱の扉を開ける事になった。あれは今から5年前、僕が36歳の時だった。小学校からの友人で弁護士の沢村達也から、彼の案件の相談を受けのが始まりだった。

稲垣吾郎ドラマ  アザーセンス 霊感心理カウンセラー 六条伍銅①

はじめに

 どうしても稲垣吾郎が主演のドラマ化作品を書いてみたかった。稲垣さんのあの顔立ち、話し方、品の良さなど鑑みて、元華族出身の心理カウンセラー、しかも霊感持ちと言う設定にしました。その能力を使って、事件の奥底のある人間の心理面をあぶりだすのが、稲垣さんをイメージした主人公「六条 伍銅 ろくじょう ごどう」です。人の心が読める六条はその能力を子供の頃祖母に封印されてしまいます。その能力を開放するにはキーワードが必要になります。対象者の心の箱の扉を開ける鍵であるキーワードを六条は心理カウンセラーで見つけ出します。一見簡単な事件にも、奥深い人の心の機微に六条が触れた時・・・以後は本編にて。

 

 

はじめての事件

 

 僕が自分の能力に気づいたのは4歳頃だったろうか。TVで子供番組を見ていると、TVと自分の間に見知らぬ同じ年くらいの女の子が居たのだ。(誰だろう、この子?)

「お母さん、この子だあれ?」

 僕はキッチンにいた母に聞いた。すると母は、

「誰もいないわよ」

「でも、ほら女の子が」

「何?テレビに出てる子?ちょっと待ってね、今料理中だから」

 片手間に僕の話を聞いていた母はそう言うと、再びキッチンに戻って行った。母は料理研究家で一日の大半はキッチンで過ごしている。

 母には、僕に見えている者が見えていないんだ!その時通りかかった祖母が僕の様子を見て言った。

「伍銅、この子が見えるの?」

「ああ、ばばちゃま。あのね、一緒に遊んでも良いかな?」

「多分、一緒に遊べない・・・。」

 祖母がそう言うと女の子は体が薄く小さくなって消えてしまった。

「あれ、ねえばばちゃま。あの子は?  まだ早い・・、何が?ばばちゃま、何で驚いてるの?」

 何かはその時はまだ気づいてはいなかったが、祖母が僕に何かつぶやいた気がしたのだった。

「伍銅、ばばちゃまからこの次ゆっくりお話がありますよ」

 祖母はしゃがんで僕の目線見合わせて、背中にそっと手を当てて言った。

 

 少し僕の家の事をお話ししよう。六条家は子爵の爵位を持っていた元華族で、その昔は天皇家陰陽師的な地位にいた一族であった。と言うのも六条家は隔世遺伝で霊能力に長けた人間が輩出されていたからであった。その能力を持った者は家督を継ぐ事が約束されていた。僕、六条伍銅もその一人である。隔世遺伝なので父にはその能力が無い。父の父、つまり祖父にもその能力は無かった。実は祖母が相伝者で家督を継いだため、祖父が婿養子で迎えられたのだ。祖父は僕が高校生の時病死したが、祖父の心の扉を開けた時の話は・・、これは後にとって置くとしよう。

 そんな六条家の次期家督者である僕は、心理カウンセラーの仕事をしている独身貴族だが、祖母からかなり口うるさく結婚を迫られている。僕の幸せより、早く子供作り、そして孫にこの能力を繋げるのが役目なのだと口うるさく言ってくる。う~ん、こればっかりはそんな簡単じゃないんだよな~。父幸三郎は輸入会社を経営しており、自宅にはたまに帰ってくる程度。もう68歳だからそろそろ引退する頃かな。母由希子は料理研究家で本を出したり、たまに雑誌の仕事をしている。そんな両親と祖母万葉、そして出戻りの姉千冬と姉の娘で高校2年生の葉菜の6人で暮らしている。と言っても父は月に10日程度しか帰って来ないので、普段は女の中に僕一人、男が混じっている状態で暮らしているのだ。これだも、女子力高くなるわ・・・。

イマゴロスマップ⑤

 今回は、スマップのああ、元スマップの5人と仮想で付き合ってみます。勝手な思い込みとイメージですが・・・。まずは、木村拓哉さん。

「本当に、私でいいの?」「あったりまえだろ。俺が良いって言ってんだから」

キャーッ、目の前が真っ白、いやバラ色?ある意味真っ黒!とにかくあのキムタクと付き合うことになった私は、心臓バクバクである。横を見たら、あの完璧な顔があって、時折眉間にしわ寄せてたり、はじけるような笑顔を見せたりしてくれる。ご飯を食べるときは両手を合わせて「いただきます」と言う。彼・・、そう私が彼のことを、私の彼と言っていいのだ。「何、見てんの?食えよ」「ああ、はい」「どこ行きたい?」「ああ、どこでもいいよ」「俺、どこでもって自分の意見ない奴、あんま好きじゃな・・あっ、ごめん。ちょっとまだ慣れてないか。じゃあ、映画でも行く?」何か意見を求められても緊張してうまく言えない。ふ~、どうしたらいいんだろう。服も何を着れば・・・。迷いの日々。「映画どうだった?」「私は面白かった。好き」「ああ、ホント?良かった。俺は、話の展開がまあ、ありきたりかなって思って」・・・、本当にこの人は私のこと好きでいてくれるのだろうか?キムタクと付き合えるようになって、自分の中で明らかな変化があった。それは、本当に自分で良いのか?と言う疑問だ。こんなんじゃあいけない、もっと自分を磨かないと・・。そうもがけばもがく程、自分を見失っていく。キムタクの彼女と言うプレッシャーが私から自信を失わせる。そして私はとうとうあの言葉を口にした。「ねえ、私のこと本当に好き?どこが好き?仕事と私のどっちが大事?」・・・ちょっと右の口角を上げて、彼は言った。「そういう事、聞いちゃうんだ・・。もう大人だし、働かないとお金が入らないって分かるよね。それに仕事してない俺なんて、魅力ないでしょ。まじ、嫌いな奴とは付き合わないし・・・。疑うならダメか・・」もう後は記憶にない・・・。ああ、やはり私にキムタクは無理だったんだ・・・・。 

イマゴロスマップ④

 昔のスマップ映像なんか見てると、やっぱりキムタクは完璧だよね、顔の造りが!どんなヘアスタイルでもカッコいいし、汚れ役でもカッコいい。スマップでおならのことを話題にしてたけど、キムタクがおならしたって話しても、やはりそれはそれでカッコいい。まさしく華がある人です。運動神経もいいし、歌もスマップの中では断トツ上手。~うーん、しかしこんだけ歌手やってても、キムタク以外のメンバーは、歌の進歩がないことに驚く。普通、もうちょっと上手くならないかな?笑いのセンスなんかは物凄く腕上げてるのに。そんなキムタクの変わらないカッコよさとは別に、吾郎ちゃんってヘアスタイルがいつも一緒だから、どの時期の映像見てもあんま変わんないのね。ある意味ロングセラーのカップヌードルみたい。最近はちょっと痩せて、年取った感じ出てるけど。個人的には、ブス恋の頃に出てためちゃイケの数取り団の時の吾郎ちゃんの映像が、一番好きです。白いジャケットで、笑った時に目がへの字になるところも物凄くキュートで、私好みです。是非、検索して見て下さい。余談ですけど・・・、中居君は年取ったね~。眉間にしっかりしわが刻まれて、疲労が画面から伝わってくる感じ。今回の騒動でかなりのストレスがあったと思われます。酒とたばこの影響もあるだろうし、リーダー、お疲れ様でした。そう言えば、年末のキムタク以外のメンバーでの慰労会で、終了して店からメンバーが出てきた時、声をかけるマスコミにみんな無言で足早に立ち去ったのに吾郎ちゃんだけ「遅くまでご苦労様です」と答えたと聞いたのね、やっぱり吾郎ちゃん!マスコミの人が最後の稲垣吾郎の言葉に救われたと・・・。そうです、私も吾郎ちゃんに救われてます。

イマゴロスマップ③

 う~ん、吾郎ちゃん。稲垣吾郎さんのゴロウデラックスの最近放送されたのを見ると、それなりの年齢感が出てましたね。なんかいつまでも若作りの年取ったジャニーズではなく、それなりのダンディな男性に変わりつつある感じですね。そこは中居君と同じ匂いがしますね。二人とも、きちんと年齢を重ねていることを受け入れる準備が出来ていると思います。「だって、俺たち40だぜ~。一般の社会なら、中年太りの油ギッシュなおじさんだぜ!若作りがカッコいいなんて言ってる場合じゃないんだよ」と聞こえてきそうです。その中にあっても、どことなくエレガントな香りと品の良さ、物腰なのかな~・・。そこが40過ぎても王子様キャラと言われてしまう所以なのかもしれませんね。吾郎ちゃんにいつか会えた時、後悔しないように品とセンスの良い、雰囲気のある女性にならなきゃと思ってます。

イマゴロスマップ②

 こんばんわー。イマゴロですが、本当に今頃、スマスマ運動会の映像見て、「ああ~、吾郎ちゃん、よかったなあ~。もっとちゃんと、解散前から吾郎ちゃんを応援しておけば良かった」と思ってます。何だろう、今個人的な事情で仕事をお休み中でと言いますか、手を骨折して家にいる時間が多く、その間ずっと吾郎ちゃん関係の動画見てて、勝手に、もう久しぶりに勘違いするほど吾郎ちゃんにはまってます。どんな勘違いかって、なぜか知り合いのような気分になってるし、世の中の人がみんな私と同じくらい、吾郎ちゃんの動画を見てるんじゃないかと思って、なんかもしかしたら吾郎ちゃんに手が届くんじゃないかって思ってる自分に驚きます。でも昨日から仕事に復帰しましたので、少し俗世間の風に当たってます。はあ~、吾郎ちゃん。