読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴロチマニア 

日比ようが勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

稲垣吾郎ドラマ 六条伍銅シリーズ 王子様な生活⑨

 大人の男女だから、改めて付き合うなんてことを確認することなく、何となく恋の駆け引きを楽しむように、時間が合えば1時間や2時間、バーやクラブで飲むことが多くなっていった。週刊誌にも取り上げられたが、二人の雰囲気がどこか浮世離れしており、周囲はフェイクだと思っていたようだ。何度目かのデートでドライブで少し遠出をした。サキの運転だった。サキは白いミニクーパーで現れた。小さな車に二人で乗り込む。

「いろいろ乗ったけど、今はこれ。見た目は小さいけど馬力がある」

「なるほど、君みたいだ」

 サングラスのサキはチラッと僕のほうを見た。

「ねえ、伍銅ちゃんも同じ庶民の出でしょう?そりゃあ、芸能界でそこそこ成功して高級志向な感じになるのも分かるし、あなたのイメージにも合ってるけど、でもやっぱり昔の様に息抜きしたくならないの?」

「そんなに変かな?僕はこれで息抜きできてるけど。不思議と君の言う高級志向?世間が言う浮世離れな貴公子的振る舞いが、実に性に合ってるんだ」

「マジっすか!」

「はい。マジ」

「やっぱそうなのか~。あたしとは対極に居る人なんだ」

「対極か。サキは一体どんな感じなんだ?都会感を演じてる庶民?」

「庶民って言うか、まっ、ヤンキーだよね」

 心なしか車のスピードが上がった。

「ヤンキーがふとしたきっかけで世間に知られて、勝手なイメージがついて、でも食べてくために必要だから必死にそのイメージを演じてる」

 車はどんどん加速する。

「ちょっとサキ、スピード」

「ああ、ごめん。昔の血が騒いで。六条伍銅を事故に巻き込んだら叱られちゃう」

 サキは、アクセルから足を緩めた。

「そりゃあ、見た目は装ってるかも知れないけど、サキの表現力やワードのチョイスは物凄くセンスが良いと思ってるよ」

「照れる~。あたしも努力してんのよ。今の流行を調べて、最近の傾向や世代ごとの好みや流行ってる物や言葉を丸暗記して、おしゃれな言葉を頭に詰め込んでさ。こう言われたら、こう返すってシミュレーションしてる。これ、企業秘密だからね」

 ちょっと意外な面だった。元ヤンなのは、感じていた。そんな彼女がそこまでの努力をして、現在の女性があこがれるエッセイストの地位を守っている。その姿勢にある意味惚れ直した。これまでの女性たちとは全く違った。

「凄いよ、偉い。ますます好きになった」

 僕は素直に感想を述べた。サキの頬がちょっと赤くなったように思った。

「だから、そういう言葉ってマジ照れる。なのにあっさり言う。伍銅ちゃん、手強いな~もう」

 この時、僕はサキならお互い良い距離で長く付き合えると、この時は思った。