ゴロチマニア 

日比日向多が勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

イマゴロスマップ㉑

 アニメのキャプテンを久しぶりに見ました。そこで思い出したのが、私が高校生の頃、インフルエンザで1週間ほど学校を休んで家で寝ていた時でした。父の職場の部下の人が私が退屈だろうと思って、父に漫画本を持たせてくれたのが『キャプテン』でした。元々漫画は余り見る方ではなく、まして野球漫画なんて興味なかったのですが、暇だったので読んでみました。・・・泣いたね。何だろう、何に感動して泣いたのだろう。とにかく、才能の無い者が陰の努力でキャプテンとして奮闘するのが単純に面白かったなあ~。そういう意味では、やっぱり谷口君が一番好きです。同じ才能の無い者で言えば丸井君もそうですね。彼は谷口君より欠点がはっきりしているタイプですが、人間味もあり自分の欠点を分かって、軌道修正しながらキャプテンとしてのバトンをつなぐ辺りが好きです。五十嵐君と近藤君は才能があるタイプですが、五十嵐君はできすぎるため、出来ない者を理解できない面がありますが、頭の良さと器用さで乗り切る人ですね。近藤君は、本当に一番漫画的なキャラクターですね。谷口君とは対極に居ますが、確かにキャプテン時代の谷口君を知らないので、やや破天荒に仕上がってるのかもしれません。漫画の方ではなく、アニメも楽しく、感動します。

 それぞれのキャプテンをスマップメンバーに例えるのは、今回はかぶる点が少ないのでやりませんが、あえて言うなら、強敵校の青葉学園。ここは二軍チームを持つ強豪校で地区予選は二軍で十分と思っているチームです。谷口君が2年の途中まで所属していたチームで、彼は二軍の補欠でした。その力を使ってねじ伏せるやり口。何となくある芸能事務所を思い起こしました。でも、その青葉学園も隅田二中の実力を認め、きちんと向き合うようになり、感動的な試合が行われるのですが・・・、フェアに。

 フェアに独立組3人が活躍できるのを期待してます。