ゴロチマニア 

日比日向多が勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

嫌な自分を好きになれるか?

 今、記憶喪失者の公開捜査番組を見ていた。とてつもないもだえ苦しみを感じる。自分が何者か分からない。親兄弟と接触しても、手ごたえの無い状態。今の私にはとても重く感じられる。私も自分史が嫌いだ。過去の自分が嫌いで常に前だけ向いて生きて来た。過去が嫌いだから、前を向くしかなかった。新しい出来事をつかむ。幸せになるために・・・。その新しい出来事が次々と過去に代わっていくわけだが、幸せになろうと掴む出来事はやはり嫌いな過去へと変わっていく・・・・。

 全く不幸なわけではない。経済的には中の上の生活だ。結婚もし子供もいる。私より不幸な人間は山ほどいるのは分かっている。問題は自分がどう心と折り合いをつけるかだ。勿論幸せだと思った時期もわずかにある。今は子供の事が心配だ。私の様な生きずらさを持って欲しくない。持たないと思っていたのに、どうやら子供はやはり私の子のためか、今大変な苦労をしている。いや、本人より私が辛い・・・。夫に似てくれたら良かったのにと思う・・・。

 記憶喪失者は、多くの場合忘れたい自分を持っている人たちの様な気がする。違う自分になりたいのに、違う環境に身を置いても結果が同じで苦しい・・・。

 北朝鮮で生活している人すべてが不幸なわけではない。しかし、今自分が北朝鮮に拉致されたとしたら・・・、きっと今がどんなに辛くても、今の状況を選ぶに違いないと思う。失って分かる大切さだ・・・。今日のアイスがおいしかった。子供が動画を見て声を出して笑ってる、まだ大丈夫だ。そんなことを幸せとして生きて行こう。自分に正直に・・・、きっと生きる手段はそれしかない。