ゴロチマニア 

日比日向多が勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

華があるって?今の日本女子フィギャースケートは・・・。

 華があるって、どういう感じだろうか?

 私はフィギャースケートが好きだ。見ればジャンプの種類も分かる。昔は渡部絵美さん、伊藤みどりさん。そして、八木沼淳子さん、佐藤優香さん。荒川静香さん、安藤美姫さん、浅田真央さん、村上佳菜子さん、鈴木明子さんなどなど。一番女子フィギャースケートが華のあった時代は、荒川さんから村上さんあたりだと思う。村主章枝さんや、恩田恵美さん、中野友加里さんなども居ましたね~。

 華って、美輪明宏さんは「セクシーさ」だと言っていたと思う。艶と言うか、だからバンクーバーオリンピック高橋大輔さんが氷に立った時、あの小柄で天然で照れ屋のアジア人がとても大きく、そしてセクシーだったと・・・。

 

 現在の日本女子フィギャースケートの選手で正直華のある選手って居ないんですよね~。努力の虫、宮原知子さん。好きですよ。はにかんだ笑顔もかわいいし、でも華とはちょっと違うかな。

 私が感じる華って、持って生まれたものの様な気がする。努力で身に付く場合もあるかも知れませんが、見た目の美しさとは違う、放たれるオーラの様なものだと思う。外見の美しさ以外の何か・・・。

 伊藤みどりさんもある意味華を持っていた。何となく見ていたい。彼女の泥臭さ、そして天真爛漫さ・・。

 荒川静香さんは、あまり笑わないクールビューティ。まさしく氷の女王。そしてcleverさ。彼女の冷静さと頭の良さが伝わってくる。

 逆に村上佳菜子さんは、笑顔。表情の素晴らしさ。喜怒哀楽が伝わってくるのが、彼女の魅力です。

 言わずもがな、浅田真央さん。小さなころからスター性がありました。宝塚で言えば、研究生の頃から将来のトップを思わせるような印象です。

 安藤美姫さん。自由奔放で、ある意味性にも奔放さが出ている、まさしくエロい感じの色っぽさですね。

 

 私個人的には、普段はそうでもないのに氷に上がると全く別人のように輝く人に心惹かれます。

 まず、高橋大輔さん。ガラスの心臓と言われた自信の無い青年が、ぐっと成長し全く無敵の様な魅力的な表現力。素に戻った時の腰の低さ。多分、私が羽生結弦選手を好きになれないのは、素に戻った時もどうだ!感が強いからだと思う。

 そして、鈴木明子さん。彼女は人柄・育ちのいい普通の常識人で、普段着からは余りセクシーさは出ていないのに、氷の上では豹変します。妖しい色気を醸し出してきます。大好きでした。

 そんな私がフィギャースケート界で、もっともセクシーさを感じるのは、振付師の宮本賢二さん。アイスダンスの選手だったそうですが、現役時代は全く知りませんでした。知ったのは、高橋大輔さんのバンクーバーオリンピックショートプログラムの振り付けで知りました。今、日本を代表する人気振付師です。人気アニメの「ユーリオンアイス」のスケーターの動きの元になっているのも宮本さんの動きです。とにかく一瞬で目を奪われました。これこそセクシーな男性です。