ゴロチマニア 

日比日向多が勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

平昌オリンピックが終わって   日本人選手のすばらしさを痛感

 平昌オリンピックが閉幕しましたね。高梨沙羅さんの悲願のメダル。羽生結弦さんの奇跡の連覇。高木姉妹の大活躍。カーリング女子のそだね~、銅だねーなどなど、メダルに届かなかったり、無念のコースアウトや転倒の巻き添えなどいろいろありました。

 韓国女子スケート、パシュートでの置き去りやその後のキム選手の謝罪会見、マススタート競技後の氷上での平謝り。ロシアのザギトワ選手の後半に7つのジャンプを飛ぶ偏ったプログラムでの勝利など、物議をかもした話題もありました。

 そんな中、日本人選手は誰一人として、礼節の外れた行為をした人はいませんでした。小平奈緒さんのイ・サンファ選手への声かけや気遣い。カーリングチームの勝者をたたえる笑顔。骨折していたのに言い訳を一切しなかったノルディック複合の渡部選手。日本選手の振る舞いに感動です。