ゴロチマニア 

日比日向多が勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

増殖し続ける芸人とアイドル

 私が子供の頃、芸人でテレビに出る人は決まっていた。ドリフターズが全盛で、あとは笑点に出てくる落語家さん。お正月などに漫才師のネタを見るくらい。やすきよ阪神巨人、海原千里万里、おぼんこぼんなど・・・。その後第一次お笑いブームで、ツービート、紳竜明石家さんま片岡鶴太郎、赤信号など・・・。

 のちに画期的な事が起こる。吉本がお笑いの学校を作ったのだ。第一期生は伝説のダウンタウン。これまで師匠について芸人になっていたのが、学校を卒業すると言うコース。後に続けと、松竹や人力車も学校を立ち上げた。気づけば、芸人と名の付く人間の桁違いの増殖率。

 アイドルもしかり。5・6人のグループならいざ知らず、モー娘。が10人超えした時、すでに多いと思ったがその後のAKB系列。姉妹グループも含めると、一体何人いるんだ?他にもご当地アイドル、地下アイドルなどみんな食べていけてるのか?

 その昔は男性アイドルがファンに手を出す事はしばしばあったが、今はファンが女性アイドルとやれちゃう時代だ。指原もよく人気墜ちずに頑張ってると思う。

 

 今や、アイドルと芸人は履いて捨てる程いるどころか、履いてももらえない人がごろごろしてる。

 

 諦めきれずにお笑い続けて、M1取って起死回生なんて場合もあるが。ほぼ、M1優勝者は実力も持っており、優勝後は仕事量も増えたと思う・・・。生き残るって本当に大変だと思う。

 かつてお笑い低迷期にアイドルのように人気のあった、グレチキを覚えているだろうか?正式名称はグレートチキンなんとか、う~ん、サトウのごはんのCMとかやってました。ちょっと見た目も良い感じのコンビだったと記憶してますが。関口宏のフレンドパークにも出ており、関口さんが「今若い人に人気のお二人なんでしょ」と言っていたのを覚えてます。それがあっと言う間にいなくなり、忘れられる。

 

 みんなその後はどうしてるんでしょう?

 

 アイドルのその後は?AV墜ちや枕営業、風俗嬢など華やかな活躍が出来る人はほんの一握り、それでも夢を追った自分が財産なのでしょうか?

 そもそも、芸人もアイドルも需要を供給がはるかに超えています。金儲けの大人の罠にはまってる感がぬぐえません。