ゴロチマニア 

日比日向多が勝手に稲垣吾郎さんを語ってます

日大アメフト問題に学ぶ。学生の方が人として成長した。

 日大アメフト部員の声明文が出された。彼らは、単に監督・コーチを責めたりせず、自分たちにも落ち度があったと、被害者の学生や関学、アメフトファンへの謝罪を示すとともに敬意を表し、自分たちの置かれるであろう不利な状況も、甘んじて受け、加害者とされるチームメイトの痛みを一緒に受け止めようとする姿勢。

 今、日本中の注目を集めている彼らこそが、短時間に人間としてのクラスを上げたと言える。

 今回の騒動は、危機管理の悪い例として、今後テキストになりえる話だ。初動対応のまずさが後々の結果をこれ程までに悪化させるとは・・・。学ぶ点が幾つもあった。

 しかし、逆もしかり。この逆境の中から、加害者とされる学生と、日大フェニックスの現役部員は、このマイナスをプラスにまでもっていったと思える。誠実さ、人の痛みを自分にも課し、スポーツの勝ち負けだけではない、悔いを残さない行動。昔の人が良く言った『お天道様に顔向けできないことはしない』・・・。

 日大と言うだけで評判が下がると言われていたが、彼らの行動が、今や日本中・世界中から評価され、支援の声が上がり、手を差し伸べようとする輪が広がっている。

 悪が栄えた例し無し。