カウンセリングのビタミンC

生きると言う格闘技に一休みを。

あおりカップルを見て思う。やはり人には仕事が必要だ。

 連日テレビを賑わせているあおりカップルだが、逮捕時の大騒ぎの後の移送時のサングラス、マスク、帽子を外した状態での情けなさは憐れな印象さえ受ける。

 男のブランドの服を着て帽子やサングラスで半変装の状態で威嚇する様子に比べ、実際はその半変装を取ると『ハゲとるやないかい!』と突っ込みたくなる薄毛と、マスコミのカメラに気付くと顔を覆う仕草は何とも情けない。年齢より老けてるおっさんだ。

 女は逮捕時にカメラに向かって話す様子は、もしかしたら男より8歳年上だが年齢より若く見える美人かも知れないと思わせたが、翌朝の移送時の半変装を取ったその素顔は、ぼさぼさ頭の老け顔のおばさんだった。

 ハゲや老け顔をディスってる訳ではない。その容姿だとそれなりの年齢だと言う事だ。つまり一般的な常識を持ってしかりな年齢であるのにやっている事のお粗末さに驚く。あおり運転や飲食店でのクレームなど自分が優位に立てる場合だけ強気にふるまうその様子は全くお山の大将だ。

 男は有名進学高校から関西の有名私立大学卒業後は一流企業に就職。その後半年で退職し自営を始めたようだが事業自体はさほど繁盛している様子はない。ただ彼には親から相続した資産がありマンションの家賃収入だけでそこいらのサラリーマンより収入があったようだ。高学歴の自分が社会では上手くはまらない自分に薄々自分の社会不適応を感じつつも、いや社会が悪いと責任転嫁した成れの果てのように思う。これでお金がなければ違うのだろうが、幸か不幸か彼には資産があった。お金があって時間があって仕事の無い自己顕示欲の強い男が、自分は偉いんだと言わんばかりの行動がクレームやあおり運転のよる言いがかりだったのだろう。一方的に上からの対応。とても自分が優位に立てて虚栄心を満たされた事だろう。

 女は50歳過ぎの未婚女性。とても結婚願望が強かったようだ。そんな彼女に現れたのは年下の金持ちの男。痘痕も靨で良い男に見える。持てない婚期を逃した寂しい女には逃したくない男に映ったのだろう。お金に困らず片手間の仕事で贅沢な生活が出来る。この男といればずっとそんな生活が出来ると思ったらすがるだろう。客観的に見ると、社会不適応の親の資産で食べてる仕事のできないハゲた中年男だが、彼女にすればお金持ちの高学歴の年下の男が今の私の男だと、自慢の彼氏なんだと思う。こんな男の彼女である事に自分が特別な人間なんだと感じられたのだろう。

 このカップルを見て、やはり人には社会貢献できる仕事が必須だと思う。真っ当な仕事で社会貢献する事により自己の人間性を高める事が出来ると思う。仕事は社会における自己の役割だと言える。お金が無いと生活出来ないがお金だけでは満たされない。

 不登校や引きこもりの人たちも自分の居場所を見つけられない場合が多い。自分の場所は社会での役割だと思う。どんな人も自分が社会に認められたい承認欲求を持っている。その欲求を仕事で満たせればきっと充実感が得られるのだろうが・・・・。

 男の小学校卒業時の将来の夢は、芸能人になって有名になりたいだったようだ。芸能人張りに有名になり彼の夢はかなえられた今何を思うのか。