カウンセリングのビタミンC

生きるための知恵を授けて欲しい

闇営業謹慎明けの若手芸人、一体何を謝ればいいのか?

 いわゆる吉本興行闇営業問題の若手芸人が謹慎を解かれ舞台などで仕事復帰を果たした。それぞれ謝罪したが舞台を見た人たちの中には、厳しい意見があったと報道されている。

『素直に笑えない。闇営業で謹慎してた人たちだって頭によぎる』

『謝るときに笑顔だったので、本当に反省してるのかって思った。ちゃんと謝れないなら駄目だ』

など・・・。

 では、逆に聞きたい。一体彼らは何を謝ればいいのだろうか?

 先輩に誘われて闇営業に参加した事?お金を貰っていたのに宮迫氏から貰っていないように報告するように言われたので、口裏を合わせた事?先輩が嘘をついているとチクらなかった事?先輩に本当の事を言うように説得しなかったこと?

 そもそも闇営業は吉本興行の場合暗黙の了解でもあったようで、今回のように反社でなければ問題にもならなかった事だった。だとすれば会社が今後の対応を協議するとして彼らをここまで追い詰める必要はなかったと思う。

 もちろん振り込め詐欺にあった被害者のお金が貰った報酬かも知れないとの思いもあり、世間を騒がせた事に対しての謝罪はあってもいいのかも知れないが、ここまで彼らが叩かれる趣旨が私には理解できない。

 反社の人が亡くなって葬式を出す場合、請け負った葬儀屋さんは詐欺被害のお金かも知れないと言って謝罪するだろうか?マンションの大家が店子が反社の人間だと知ったら詐欺被害のお金かも知れないと言って謝罪するだろうか?