カウンセリングのビタミンC

生きると言う格闘技に一休みを。

日曜劇場からブレイクする俳優

 日曜劇場ノーサイド・ゲームが放送されている。この日曜劇場は以前は『半沢直樹』や『下町ロケット』などの名作が出ている。この日曜劇場の出演を切っ掛けにブレイクした俳優さんが何名かいる。

 まずは『半沢直樹』からは、上司役だった吉田鋼太郎さん。元々舞台俳優さんでしたが今はおっさんずラブのヒロイン役でもあり、テレビに映画に大活躍です。同僚役だった滝藤賢一さん。それまでは端役で時々見かける俳優さんでしたが今では主役だった堺雅人さんより売れっ子状態。脇役も主役もこなせる上に素顔はひょうきんでバラエティもいけるツワモノでした。

下町ロケット』では竹内涼真さんがブレイクしましたが、ここはより全国区となった安田顕さんでしょうか。名脇役ですがその幅の広さや本人は変態であることなどこれからも息の長い役者さんだと思います。ミュージカル界からは山崎育三郎さんもメジャーになった一人だと言えます。王子様気質でバラエティーもいけるマルチさを示しています。

 こういうドラマで主役よりも後に話題になり売れる役者さんは、下積みと裏打ちされた演技の基礎がある点が必須と言えます。若い頃からすぐに売れて主役ばかり張ってきた役者さんはある年齢になると出来る役が無くなり壁にぶち当たると言います。特に恋愛ものが主戦場の役者さんは難しいようです。

 では今回の『ノーサイド・ゲーム』では誰がブレイクするでしょう?元ラガーマンの俳優さんや著名人の息子さんなどが数多く出演していますが、私は個人的に佐倉多英役の笹本玲奈さんを推しますね。ミュージカル女優さんのようですが、見た時から「この人誰?」って思った。そう思わせる第一印象はだいたい後に売れます。吉田羊さん、檀れいさんもそうでした。彼女の変な色気を感じさせない演技や、普通の様なもしかしたら眼鏡外したらめっちゃ綺麗なんじゃないかと思わせるところも気になりますね。実際眼鏡なしの彼女はとても可愛いです。あと、ブレイクとは言い難いかもしれませんが今後役者さんの仕事が増えそうな予感がするのは、リットン調査団藤原光博さんです。工場長の役柄ですが、いるいるこんな人と思える感じ。作業服の時は冴えないおじさん風なのに本社などに出向く時はスーツを着るとそれなりのサラリーマン風に見える点とか、本当に違和感のなさに驚いた。

 今後の展開に注目ですね。