カウンセリングのビタミンC

生きると言う格闘技に一休みを。

にわかラグビーファン!日本人の気質に合ってると感じる。

 にわかラグビーファンです!

 日本中に私と同じにわかラグビーファンが溢れている。選手たちも期待を超える活躍でこちらの気持ちも盛り上がる。本当にありがたい。色々不安なことが個人的に続いていたのでちょっとほっとする。

  

 全く個人的には自分が観戦する好きなスポーツはまずフィギュアスケート。ジャンプの種類も飛んだ時に言えるが、最近は3回転か4回転かちょっと判断できない時がある。あとは、体操やスキージャンプも好きだ。なのでオリンピックは必ず見ていた。ただ、ワールドカップなど海外まで出かけて応援したいと思うほどのスポーツはない。チャンスがあれば見る程度だ。そしてこのラグビーワールドカップ。見るチャンスがあれば、まあテレビだが日本チーム以外の試合も見ている。

 このラグビーを見ていて思った。今回、海外選手は日本のサポーターの礼儀・マナーの良さや、日本のおもてなしにとても感動・感謝してくれているとのエピソードが報道されている。ほほえましく思う。以前サッカーの日韓合同開催の時も、日本人サポーターが試合後自分たちでごみを拾っているのを海外メディアが報じたことがあった。日本人の真面目で謙虚な精神が海外の人たちに驚きと感動を与えたのだ。

 そんな日本人の気質にラグビーはとても合っていると感じる。スポーツとしては体格差を考えるとやや不向きかもしれないが、ノーサイドゲームの精神が武士道の精神と似ている。イギリス発祥なので、イングランドスコットランドウェールズアイルランドは盛んで強いが、南半球でかなり人気のスポーツなので選手は有色人種が多い。サモア、フィジー、トンガ、ナミビアあたり、もちろん日本チームにもたくさんの外国人選手がいる。サッカーもそこは同じなのだが、サッカーファンの一部はフーリガンとして、過激に暴動を起こしたり、白人主義のファンが黒人選手を猿としての扱いをして馬鹿にしたり、心が痛くなる場面に出くわすことも少なくない。

 昔カメルーン出身のサミュエル・エトオ選手は試合中ファンから侮蔑的なヤジも受け、涙していた映像を見た。本当に辛かった。どんなに優れた選手でも、肌の色でさげすまされ心に大きなくさびを打ち込まれる。猿だ、猿と言われバナナを投げ込まれ、バナナのクッションを煽る様に振り回す一部のファン。本当に馬鹿々々しい行為だ。秩序正しいサッカーファンももちろん大勢いるが、歴史的にサッカーファンの中には黒人排斥思考のファンがいることも否めない。

 それがラグビーの場合、試合後は勝っても負けてもお互いの健闘を称えるその姿、考え方にファンも賛同し、気持ちよく終われるところに凄さを感じる。アイルランドのファンが試合後日本ファンに「おめでとう」と言って握手したり、とてもハートフルだし、紳士的で心が洗われる気持ちだ。あれ程激しくぶつかり合い、闘志むき出しで闘ったのに試合後に相手を称える姿。体だけではなく心の大きさも感じさせる。

 日本人が好む姿がノーサイドゲームに見て取れる気がする。そうだ、日本人は元々平和主義で奥ゆかしく謙虚で、正直で勤勉なはずだ。最近の長く続く不況や、自分が良ければ良いと言った風潮で、犠牲になる子供たち。いじめ、不登校、引きこもりなどの問題が増えすぎて、心がすさんでしまってはいないだろうか?

 トランプ大統領が提唱するアメリカファースト、いえ自分ファーストに皆それで良いんだと思ってしまってはいないか?他人はどうでも良い、自分たちさえ良ければ。と言う考え方。小池百合子さんも都民ファーストを謳い、まずは自分たちの利権を優先させる。勿論間違ってはいないが、その根本は家族を守れない人は他人を守れない的なことで、本当に大切にするべきものを大切にしようということなのだろうが、いつの間にか自分たちさえ良ければ、他はどうなっても良いという考え方になっているように思える。多分、トランプ大統領は最初からそんな感じで、黒人嫌い、移民嫌い、メキシコ嫌い、アメリカ一番が前面に出ているが、それならヒトラーと同じ考え方だ。

 ラグビーを見て日本人本来の姿を取り戻そう。